ブッシュマンとして生きる

この本の題は『ブッシュマンとして生きる』である。この本の筆者菅原和孝さんはまさにブッシュマン(主にグイの人々)と共に暮らすことによって、かれらの生き方、ものの考え方、感じ方を理解しようと努めた。わたしは主に第3章の『会話の迷宮へ』について論じたい。

はじめに、ブッシュマンとは南アフリカのボツワナに暮らす狩猟民族である。

これには歴史的な背景があるのだが、「17世紀の末、喜望峰から南部アフリカに進出していったオランダの入植民地たち(後ボーア人)は、行く先ざきで遭遇した原住民を『ブッシュマン』すなわち『藪の人』と呼んだ。」(p.10引用)とある。この本に登場してくるブッシュマンはセントラル・カラハリ・ブッシュマンである。

「ブッシュマン」という呼び方に様々な議論がなされた時期があった。なぜなら「ブッシュマン」=「藪の人」すなわち「野蛮人」の意味があり、侮蔑語だからである。

大阪のメンズエステ、マッサージならEXE SPA

SEO業者を大阪でお探しなら

美しく仕上がる名刺用紙

交通事故裁判ならイデア綜合法律事務所まで。後遺障害の保険金、正しいですか?

沖縄県でリフォームを行うならテンリフォームにおまかせ